北海道土産の木彫りの熊、ルーツはスイスにあった。

北海道土産の木彫りの熊、ルーツはスイスにあった。

大人の幸好品で、至福の時間を

こんにちは、Wood carving MAUです。

かつては、一家に一台ならぬ、一家に一体が当たり前だった北海道土産と言えば、サケをくわえた木彫りの熊だろう。

その木彫りの熊の発祥は北海道八雲町だが、ルーツはスイス・ベルン州ブリエンツにあった。

スイス・ベルン州ブリエンツ

(スイス・ベルン州ブリエンツ)

木彫り熊の歴史は約95年前にさかのぼる。、農民は貧しい暮らしを強いられていた。町にあった徳川農場の農場主で、尾張徳川家第19代当主の徳川義親は、そんな農民の暮らしぶりを目にしていた。

義親は1921年(大正10年)から1922年(同11年)にかけ、夫人と旧婚旅行でたまたま立ち寄ったスイス・ベルンの土産物屋で、木彫りの熊に目が止まった。

ほかの土産品とともにこの熊を北海道に持ち帰ったという。


木彫熊 スイスベルン

農民たちの冬の副業として行われるようになった。スタートは大正時代で、歴史はまだ100年に満たず、もともとは鮭を咥えていなかった。

最近では切り出しナイフを用いる「カット彫り」毛を細かく彫らず面だけで構成されたモダンな作風も多い。

木彫ブームもじわじわ再燃中

 

x